​宮城県美術館の移転問題に対する活動

宮城県が発表した宮城県美術館の移転プランについて、県民からさまざまなアクションが生まれ、マスメディアも特集を組んで、この問題に取り組んでいます。​このページでは、さまざまな動きをご紹介します。

​以下のタイトルをクリックすると記事に移動します。

要望書・意見書の提出

公益社団法人 宮城県芸術協会  2020.1.28

  宮城県美術館の建築物維持や県民からの意見聴取を求める要望書

​◆一般社団法人 日本美術家連盟 2020.2.19

   宮城県美術館の移転の再考、現美術館の継続に関わる要望書

まち遺産ネット仙台  2020.6.3

    「県有施設の再編に関する基本方針」の パブリックコメント回答についての意見書 

◆宮城県美術館リニューアル基本方針策定検討会議 構成員有志  2020.10.2

  「宮城県美術館リニューアル基本方針」取り扱いについての要望書

◆ 宮城県美術館の移転計画中止を要望する有志の会 2020.11.02

    宮城県美術館移転計画に関する県民説明会が開催されていないことに抗議します     

◆ まち遺産ネット仙台・代表 西大立目祥子

    日本建築学会東北支部・前支部長 石川善美    

    現美術館を愛するガレの会・代表 菅井哲夫

    宮城県美術館の現地存続を求める有志の会・代表早坂貞彦   2020.11.02

    宮城県美術館移転計画に関する県民説明会が開催されていないことに抗議します     

​▶︎ 2020年2月までに県に提出された要望書の一覧は、県サイトで公開されています。

  宮城県サイト 県有施設等の再編に関する要望書・意見書等について(PDF)