2020.10.2 「宮城県美術館リニューアル基本方針」取り扱いについての要望書(宮城県美術館リニューアル基本方針策定検討会議 構成員有志)

「宮城県美術館リニューアル基本方針」取り扱いについての要望書

主体:宮城県美術館リニューアル基本方針策定検討会議 構成員有志


平成30年3月に県から策定・発表された「宮城県美術館リニューアル基本方針」の策定検討会議の有志が、2020年10月2日に県宛に要望書を提出した。


県は、移転新築案と現地改修(リニューアル基本方針)のメリット・デメリットを比較して結論を出すとしていますが、要望書の主旨は、リニューアル基本方針は移転新築案とは策定の条件や目的も異なり、比較するのなら条件などをそろえた増築を伴わない案を新たに策定すべきだというものです。

また、比較検討結果を発表する場合には、比較検討対象となる案を、比較結果を公表する前に、できるだけ県民に事前公開することも要望として挙げ、10月23日までに回答するよう要求しています。

↓以下リンク先に要望書全文およびその後の経過報告が掲載されています

ウェブサイト「宮城県美術館リニューアル基本方針」取り扱いについての要望書


-----

●関連記事


TBC東北放送「県美術館の移転・新築方針に疑問呈す」2020年10月2日 

NHK仙台 「美術館新築・改修 比較しないで」2020年10月2日 

KHB東日本放送「宮城県美術館の移転計画めぐり リニューアル基本方針まとめた有識者 方針の取り扱いについて県に要望」 2020年10月2日

河北新報「新たな現地改修案を」県美術館リニューアル方針会議有志が要望書」 2020年10月3日