2020.2.19 宮城県美術館の移転の再考、現美術館の継続に関わる要望書(一般社団法人 日本美術家連盟)

宮城県美術館の移転の再考、現美術館の継続に関わる要望書提出


一般社団法人 日本美術家連盟


全国組織である日本美術家連盟が、2020年2月19日に県知事宛に要望書を提出した。宮城県美術館の持つ全国的な意義・価値に触れた上で、39年間県民に利用されてきた時間的蓄積の価値から、移転を再考するよう訴える内容となっている。


↓以下のリンク先に全文掲載


日本美術家連盟ウェブサイト

要望書「宮城県美術館の移転の再考、現美術館の継続に関わる要望書」[2020.02.19]



●関連記事


宮城県美術館の現地存続を 美術家連盟、知事に要望書 2020年02月21日