【2020.2.19 提出済】 宮城県美術館の現地存続を求めるウェブ署名 主体:まち遺産ネット仙台(代表 西大立目祥子)

【提出済】 宮城県美術館の現地存続を求めるウェブ署名

主体:まち遺産ネット仙台(代表 西大立目祥子)


歴史的建造物の保存や活用に取り組む「まち遺産ネット仙台」が、Change.orgで宮城県美術館の現地存続を求めるウェブ署名をスタートしました。宮城県内に限らずどなたでも賛同可能です。(既に提出は終了しました)

前川國男が設計した宮城県美術館。 県民が愛する美術館の現地存続を求めます。(Change.org)


→ 2020年2月19日午後、宮城県議会議長に宮城県美術館現地存続を願う陳情書といっしょに署名簿を手渡しました。

署名は紙署名16091筆、ネット署名1682筆、合計17773筆になりました。


●関連報道


NHK仙台放送局 2/19 「美術館移転反対で市民団体が要望」


東日本放送 2/19 「市民団体が県美術館の「現地存続」を県に要望」


東北放送 2/19 「宮城県美術館移転 最終案に「より丁寧に説明する」の文言」


仙台放送 2/19 「宮城県美術館 移転に待った! 市民団体が求めるのは“十分な議論” 」


河北新報 2/20 「宮城県美術館移転集約構想 市民団体など現地存続を県議会に陳情」

最新記事

すべて表示