宮城県美ネット/署名を集めています!宮城県美術館の移転案の撤回を求める署名



【重要】

移転案が撤回されましたが、11月中に集まった署名は12月に県に提出しようと考えています。 宮城県美術館の現地存続を望んでいる県民・利用者の声を改めて感じ、理解してもらうためです。 これから署名していただいても結構です。

11/30まで署名受付は延長しますが、今後の街頭署名活動は行いません。 ウェブ署名が可能です。紙の署名もダウンロード可能ですが、11/30必着でお願いいたします。

----------


【重要】2020 年2月提出の署名とは内容が違うので、前回書いた方も署名可能です

前回書いていただいた方にもぜひおすすめください。



2020年10月から、署名をスタートしています。

今回は、【宮城県美術館を含む県有施設の集約移転の方針の撤回を求める署名】です。

みなさまのご協力をよろしくお願いいたします!!



県は、2020年度内に移転か現地改修かの方針を決めるとしています。

ここで県民や利用者が声を上げなければ、宮城県美術館は解体か売却の道へと進むことになります。

建物の価値を考慮しないことに加えて、経済面でも疑問のあるプランであり、美術や建築の専門家を入れないうえに、県民の声を無視した強引なプロセスは、文化面のみならず行政面でも大きな禍根を残すものです。


ぜひ一緒に声をあげましょう!!! 

みなさまのご協力をよろしくおねがいします!




署名の方法


■ウェブ署名 → 署名専用サイトに移動します。


■紙の署名 → ① 以下のリンクから用紙をダウンロードして印刷・署名

署名用紙.pdf (カラーデータですがモノクロ印刷可)

  



② 署名用紙のある場所で受け取る

協力店舗:随時募集しています! 「カフェ&ギャラリー ガレ」 (青葉区立町/休:日)

book cafe 火星の庭」(青葉区本町/休:火・水) 

サンタロット」(青葉区大町/休:日・祝)

カフェ・キートス」(青葉区本町/休:土・日)

スタジオルーモコレクション」(青葉区中央/休:無)

銀座酒場ブーケ」(青葉区中央/休:土)

ファミリー&キッチン ma-san」(青葉区柏木)

宮城芸術文化館」(登米市/休:無)

石窯ピザ屋水守の郷」(七ヶ宿町/土日のみ営業)

和食めん処誉旨」(松島町/休:無)

すしの貴伸」(多賀城市/休:無)


▶︎紙の署名の提出方法

  

A 郵送 982-0801 仙台市太白区八木山本町1-38-3 宮城県美ネット事務局

    

B 協力店への持参

カフェ&ギャラリー ガレ」 (青葉区立町/休:日)

book cafe 火星の庭」(青葉区本町/休:火・水) 

サンタロット」(青葉区大町/休:日・祝)

カフェ・キートス」(青葉区本町/休:土・日)

スタジオルーモコレクション」(青葉区中央/休:無)

銀座酒場ブーケ」(青葉区中央/休:土)

ファミリー&キッチン ma-san」(青葉区柏木)

宮城芸術文化館」(登米市/休:無)

石窯ピザ屋水守の郷」(七ヶ宿町/土日のみ営業)

和食めん処誉旨」(松島町/休:無)

すしの貴伸」(多賀城市/休:無)

  


※FAXでの提出はできません。郵送か持参でお願いします。



※【ご注意】

・署名の判断能力があり自著ができれば、年齢制限はありません。

・できる限り本人の自署でお願いします

・ご家族であっても、住所はすべてご記入ください(「同上」はなし)。

・街頭署名は警察の許可が必要です。個人で街頭署名はおやめください。

 また、街頭署名を許可をとって行う場合は事務局までご相談ください。

・とりまとめて提出される方は、個人情報の扱いにご注意ください。


----------


宮城県知事 村井 嘉浩 様

宮城県美術館を含む県有施設の集約移転の方針の撤回を求めます


2019年11月、宮城県美術館の集約移転案が、宮城県から突然発表されました。

まちづくり、美術、建築、決定プロセスなど、さまざまな観点からみて問題が多く、県内外から集約移転を疑問視する声が上がっています。豊かな自然に囲まれた立地と堅固な地盤、巨匠・前川國男の設計による建築、そして約40年に渡ってこの場所で育まれてきた芸術文化。移転すれば、こうした文化的な蓄積は断ち切られてしまいます。

震災にも耐えた強固な建物は、適切な維持管理を行えば、今後50年は持つ、と専門家は話します。改修は集約移転より経済的でもあるのです。しかし、県は県内外の声を無視し、検討経緯の説明や十分な議論がないまま、県民説明会の前に結論を出そうとしています。私たちは、宮城県に対し、ただちに宮城県美術館の移転集約案の撤回を求めます。

----------




◉いただいた署名は、宮城県へ提出する以外の目的には使用いたしません。


◉呼びかけ人 宮城県美術館の現地存続を求める県民ネットワーク

 共同代表/石川善美 野家啓一 西大立目祥子 早坂貞彦


事務局/ 982-0801 仙台市太白区八木山本町1-38-3 

電 話/ 090-7664-1147

メール/ miyagikenbi.net★gmail.com (★を@にかえてお送りください)


最新記事

すべて表示

2021年7月21日に宮城県教育委員会 教育長へ提出した質問書と要望書について

宮城県美ネットでは、2021年7月2日付けの建設新聞、および宮城県の「建築設計委託発注予定一覧」に、宮城県美術館のリニューアル設計の発注業務を進めている情報を得ました。 宮城県美ネットでは県知事に対して、2020年12月24日に要望書、2021年3月25日に質問書を提出しており、その中で、 「増築なしの美術館リニューアル計画の内容についてはまだ検討が不十分であると考えられ、リニューアル基本方針策定