#宮城県美術館のここが好き アリスの庭に奥羽太郎現る?!

忠良記念館のガラスに映る空と雲が好きという人は、案外多いのではないでしょうか。

空や雲で季節を感じる感覚は失いたくないですね。


〈坂東太郎(関東)、筑紫二郎(九州)、比古太郎、丹波太郎(京阪)、信濃太郎、豊後太郎、四国三郎〉


これらは入道雲の別名です。

すっくと立ちあがっていく姿が男性を想像させるらしいです。

東北なら奥羽太郎?笑





#宮城県美術館のここが好き がそろそろ人が集まり始めたときに雨が降り始めました。


前川國男さん設計の宮城県美術館と、大宇根弘司さん設計の佐藤忠良記念館。あの狭い隙間のようなアリスの庭から見える空から降ってくる夕立が、うだるような熱気を冷んやりと変えてくれ、ガラスに出現する結露は見ものでした。





移転の話が出てからいてもたってもいられなかったという学生さんや、県美が大好きで仕方ないという方や、思いをお聞きしながら野外彫刻を見て周りました。





一人一人のかたが抱えていらっしゃる県美に対する声の見える化を、やはり重ねていかなければと思いました。



あ ミッキー


また来週、土曜日11:30、アリスの庭の猫あたりでお会いしましょう!