【満席・当日席なし・ライブ配信あり】宮城県美ネット/シンポジウム「崖の上の美術館 −宮城県美術館の立地と地層−」



事前予約は締め切りました・満席で当日席はありませんので、お越し頂いても席はございません。ご了承下さい。

ライブ配信をご覧頂くようお願いいたします。


開催時にリアルタイムでYouTubeで配信する予定です。

以下のリンクから配信ページに移動できます。


http://ur2.link/vcwm



2020年11月21日(土)

13:00~16:00

無料・要事前予約


会場:エル・パーク仙台 スタジオホール

[141ビル(=仙台三越定禅寺通り館)6階

 仙台市営地下鉄南北線勾当台公園駅下車・地下道連結]


登壇者

蟹澤 聰史 (東北大名誉教授・地質学)

大槻 憲四郎 (東北大名誉教授・地質学)

井上 研一郎 (宮城学院女子大学名誉教授・日本美術史)



 突然の移転計画に揺れる宮城県美術館。しかしじつは、この美術館は強固な岩盤の上にどっしり建てられていて、東日本大震災のときにも、被害は軽微なものでした。

「宮城県美術館の現地存続を求めるネットワーク」では、現在の美術館が立地する広瀬川沿いの川内地区、そして移転候補先である医療センター跡地の地層について、さらに立地や環境が美術館運営に及ぼす影響について、3人の専門家を招いて第2回シンポジウムを開催します。

 ブラタモリならぬ「ブラケンビ」のイベントを皆さんとご一緒したいと思います。ご参加お待ちしています。



13:00-13:15  シンポジウム趣旨説明

13:15-13:50  蟹澤聰史「仙台の文化を支えた広瀬川」

13:50-14:25  大槻憲四郎「長町―利府断層帯の表と裏」

14:25-15:00  井上研一郎「美術館の立地と環境」

15:10-16:00  総合討論




事前予約の方法

コロナ対策のため事前予約制ととなります。

予約は先着順となります。定員は95名です

事前予約のお申し込みはできるだけインターネット上のお申し込みフォームからお願いします。

お申し込みフォーム → https://ws.formzu.net/dist/S58606913/


フォームから予約ができない場合は事務局のメールアドレスに、件名を「11/21シンポジウム」として、氏名・住所・電話番号をご連絡ください。

メールのない方はFAX( 022-707-5303 )でお申し込みください。氏名・住所・電話番号を書いてお送りください。



ウェブで配信します


開催時にリアルタイムでYouTubeで配信する予定です。

以下のリンクから配信ページに移動できます。


http://ur2.link/vcwm



事務局

宮城県美ネット(宮城県美術館の現地存続を求める県民ネットワーク)

〒982-0801仙台市太白区八木山本町1-38-3

FAX 022-707-5303  

メールアドレス:miyagikenbi.net★gmail.com

(迷惑メール対策のため、★を@にかえております。送信時には@に入れ替えて送信をお願いします)