2020.2.19 17773筆の署名を宮城県議会議長に提出しました




2020年2月19日午後、宮城県議会議長に宮城県美術館現地存続を願う陳情書といっしょに署名簿を手渡しました。 署名は紙署名16091筆、ネット署名1682筆、合計17773筆になりました。 署名簿は一人では抱えきれないほどの重さ。議長さんには頑張って受け取ってもらいました。 その後、県議会議員30名と意見交換しましたが、県民が広く真剣に存続を願っていることは伝えられたと思います。 2ヶ月足らずの間にこれだけの数の署名が集まったのは驚異的で、県への力にもなったはずです。 先々に署名用紙を回し頑張ってくださったみなさま、ありがとうございました。



宮城県知事に、移転集約を最終案にしないことを求める要望書を提出しました


同日、10時に、県知事宛ての要望書を佐野副知事に手渡してきました。 この中で、署名が17773筆になったことを伝えています。



●報道記事


NHK仙台放送局 2/19 「美術館移転反対で市民団体が要望」


東日本放送 2/19 「市民団体が県美術館の「現地存続」を県に要望」


東北放送 2/19 「宮城県美術館移転 最終案に「より丁寧に説明する」の文言」


仙台放送 2/19 「宮城県美術館 移転に待った! 市民団体が求めるのは“十分な議論” 」


河北新報 2/20 「宮城県美術館移転集約構想 市民団体など現地存続を県議会に陳情」

最新記事

すべて表示