2020.1.31 宮城県知事と仙台市長が対談、県民の声を無視しないと明言

1/31に行われた県知事と市長による調整会議。県知事による県民の声を聞こうという姿勢には、各方面からの要望が背景にあるとみられます。一方で、県知事は移転集約案にメリットがあるという認識を固持しています。 引き続きみなさんの連携が必要です。頑張りましょう!


●報道記事


2/1 河北新報「宮城県美術館移転案巡り市民と意見交換 県が新年度スタート」


2/1 河北新報「「建物の存廃について広く意見聞く」 宮城県美術館移転案で知事が認識示す」


2/1 河北新報「市民の理解重視で認識一致 宮城県有施設再編方針でトップ初会談 知事「たたき台に肉付けを」 仙台市長「多様な意見踏まえて」」


1/31 日本経済新聞「宮城県と仙台市、美術館移転などで調整会議」


1/31 仙台放送「宮城県美術館・宮城県民会館“移転問題” 村井知事と郡市長が意見交換」


1/31 東北放送「宮城県の美術館など移転 知事「移転必要」仙台市長「丁寧な説明を」」


1/31 東日本放送「県民会館・県美術館移転 郡市長と村井知事が会談」


1/31 東北放送「宮城県美術館 移転に反対の意見多数」


1/31 仙台放送「宮城県美術館…なぜ移転!? 当初“改修工事”だったはずが」